家庭でやけどの処置。ラップでヒリヒリを解消!

家庭でやけどの処置。ラップでヒリヒリを解消!

掃除、洗濯、料理…主婦は毎日することが盛りだくさん!

家事の中で一つだけお休みしても良いよと言われたら、私は料理を選びます。

実家の母は料理が得意なので、帰省の際には甘えさせてもらっています。

毎日料理をしなければならない立場になると、誰かが作ってくれた料理が食べれるということは本当に嬉しいですよね。

 

さて、先日、料理を作っている際に、うっかりやけどをしてしまいました。

冷やしても冷やしても、しばらくするとヒリヒリ!

「やけどした箇所をずっと冷水につけておきたい!」

「いつになったら、どうしたら、ヒリヒリしなくなってくれるの?」

 

家庭でやけどをしてヒリヒリする場合の処置についてお話していきます。

 

ヒリヒリするやけどの処置とは?

 

1.冷水で冷やす

 

うっかりやけどをしてしまったという時には、まず、とにかく冷水で冷やします

流水で冷やすと良いです。

とにかく冷やして冷やして冷やしまくってください!

 

2.ヒリヒリを何とかしたい!

 

しっかり冷やすと、少しの間ヒリヒリする感覚は治まるのですが、しばらくするとまたあのヒリヒリが襲ってきます!

そういった場合どうすればよいのでしょうか?

それは、やけどした箇所を空気に触れないようにすることです!

 

方法としては、ラップでぐるぐる巻きにして輪ゴムかテープで留める。

または、絆創膏でしっかり留める。

これで、しばらくするとヒリヒリが治まるはずです。

 

ワセリンがある場合は、ワセリンを塗るとより良いようです。

密着度がアップすることにより、より効果があるからです。

馬油にもワセリン同様、外からの空気を遮断する効果があるようです。

 

関連記事:馬油のおすすめ

 

おしまいに

 

ご家庭でうっかりやけどをしてしまって、ヒリヒリがおさまらないのは辛いですよね。

まずは、冷やす。

そして、空気に触れないようにすること。

一度試してみてください。

健康/美容カテゴリの最新記事