正社員12年&パート4年経験した子育て中の今、仕事について感じること。

正社員12年&パート4年経験した子育て中の今、仕事について感じること。

夫の扶養範囲内で仕事を希望する子育て中の主婦は多いのではないでしょうか?

午前中や夕方までの1日4,5時間程度の仕事、週3日程度の仕事、そんなパートの仕事が目に留まりますね。

子どもの成長とともに働き方についても考え方は変化していきます。

子どもが生まれるまでは正社員として働き、子どもの成長に合わせてパートで働く今、感じることが色々とあります。

 

 

パートの定義とは?

 

まず、パートについておさらいしておきます。

パートはパートタイム労働者のことです。

同じ会社で働くフルタイムの労働者(正社員)よりも1週間の所定労働時間が短い労働者はパートタイム労働者になります。

例えば、正社員の勤務時間が9時から18時の会社だとすると、10時から16時などの短い時間で働く場合がパートです。

 

ワーク・ライフ・バランスの実現も可能なパートという選択

 

「行ってらっしゃい」と朝子どもを見送り、帰宅する子どもを「おかえりなさい」と迎えたい。

パートなら、子どもが学校へ行っている間の時間で働くことも可能です。

フルタイムで働くより勤務時間が短い分、家事や育児、自分の時間に少し余裕ができます。

 

近年注目されつつあるワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現は、子育て中の主婦も気になるところ。

注意したいのは、ワーク・ライフ・バランスは、子育てや介護がある主婦のためだけのものではないということ。

仕事を持つどのような立場の人も気持ちよく働ける職場環境の実現に、もっともっと多くの会社が取り組んで欲しいと思っています。

給与計算など労務に関わる仕事をしていると社員の勤務も気になってしまいます。

 

正社員12年・パート4年経験した今、感じること

 

私自身のことを少し。

短大卒業後、12年間正社員として働いていました。

出産後はしばらくの間育児に専念し、子どもが小学生になったことを機にパートで働き始めます。

 

月給と時給の差

 

独身時代10年間勤務した会社では、総務部に所属していました。

メインの仕事としては経理の売掛金を担当、給与計算や年末調整などもサポートしていました。

結婚を機に引越ししてから出産前まで2年間勤務した会社は、経理関係も労務関係も全て一人で行う一人事務。

 

2社ともお給料は月給でした(厳密にいうと日給月給)。

祝祭日が多い月も少ない月も、基本的には大きな収入の変化はありません。

連休があっても「連休嬉しい!」で済むわけです。

連休明け前日はちょっとだけ憂鬱にはなちゃいますけれど(笑)。

 

現在のパート(つまり時給ですね)であると、そうはいかないのが本当に悲しいところ。

連休が多いと「連休嬉しい、でも収入減っちゃうなぁ…」となってしまうんですね。

同じように月給と時給、どちらも経験しているあなたは、同じ思いをされているのではないでしょうか?

 

違和感を覚え転職を選択してしまう、年齢のせい?

 

パートで働くようになり約4年経過しました。

何度か転職し(苦笑)、部署のないような小さな会社をいくつか経験。

思い描くような理想の職場に出会うのは難しいけれど、入社してみないとわからないというのが本音です。

これは正社員で働く場合も同じことがいえるのですが、私の場合、パートで働くようになってから疑問を感じることの方が多いかな。

 

小さな会社だからなのか、社長や上司の考え方や方針への不満、将来性の不安、仕事の流れの悪さなど事務を行う上で疑問を感じることも多かったです。

年齢のせいもあり柔軟な考え方ができず受け入れられないといった自分自身の問題も大きい感じています。

ですが、いくつかの会社を経験したからこそ気づけたことや得たものもあったと思っています。

 

もちろん、正社員で働いていた時にも不満がゼロではなかったのですが、今思い返せば、良い会社だったと思うんです。

離れてみてわかることや気付くことも本当に多いです。

 

パートから正社員への不安

 

ぼんやりといつかは正社員で働きたいという気持ちはあるんです。

年齢のことを考えると正社員での採用は今後ますます難しくなるだろうという不安な気持ちと、子どもがもう少し大きくなるまではパートで働きたいという気持ち、どちらもあるんですね。

そしてパートで働く今の生活に慣れてしまうと、お買い物や夕食の準備って間に合うのかなと考えてしまったり不安要素も多くあるのも事実です。

しっかり正社員で働きながら家事も育児もこなしている友人をみては凄いなぁと思いながら。

 

私は私のペースでやっていこう…かな(笑)。

 

おしまいに

 

正社員とパートを経験して感じることは多くあります。

給与面で正社員との差を感じたり、会社に対する違和感を覚え転職したり、年齢とともに柔軟性がなくなってきている自分の考え方を見直す必要もある、パートで働く今。

また、子どもの成長とともに働き方を考えたり、正社員への道にも不安を感じたりもしています。

どのような働き方が正解というのはなく、それぞれの家庭、それぞれの個人に合わせた働き方を考えることが大切ですね。

そして、ワーク・ライフ・バランスの実現という考え方に、より多くの会社が取り組んで欲しいと願っています。

事務の仕事カテゴリの最新記事