子どもの成長とともに確実に減る子供との時間!不必要なスマホ時間の見直しを。

子どもの成長とともに確実に減る子供との時間!不必要なスマホ時間の見直しを。

”スマホの画面をみる時間と子どもの顔をみる時間、どちらが多いですか?”

何かで目にしたこのような問いかけが胸に刺さったんです。

家で過ごす時間、ふと時間があるとスマホに手を伸ばしてまう。。。

「そうだよなぁ~、スマホの画面をみる時間の方が長いよねぇ…」と。

 

 

自分の時間が欲しいと感じていた時期が過去のものになってから気付くこと

 

子どもが小さな頃は何かと手がかかりますよね。

子どもにとってお母さんが一番の時期は、夫じゃ泣いてしまう、ゆっくり買い物もできない、毎日がそんな感じ。

「自分の時間がない!」「自分だけの時間が欲しい!」と感じます。

 

子どもが成長すると子ども自身の世界は広がり、親と過ごす時間のウェイトは確実に減ります。

学校や習い事、友達との時間、家庭でも学習や遊びの時間も子どもだけでもOKな時間も増えてきます。

むしろ親が関与すると子どもに面倒がられる場合もあるくらいになります。

 

自然と母親が自由に使える時間も増えてくるわけです。

 

適度に自分の時間を得られるようになると、ちょっと寂しさも感じてしまう…。

勝手といえば勝手だな~と我ながら思うところではあるのですが。

 

その時その時は、いっぱいいっぱいで余裕がなかったりするので仕方ない部分もありますし、手のかかる大変な時期を過ぎたからこそ気付くこともあります。

何事もバランスって大切なんですよね。

 

不必要なスマホの時間を減らし、子どもとの時間に充てる

 

子どもの興味あるものに一緒に興味を持っていたというか、親の方が一生懸命になっていたなんて時期もありました。

いつの頃からかなぁ、子どもの興味あるものに対し、子どもの方が知識が豊富になって追いつけなくなってきたのは。

いつしか「わからない」で済ませてしまうこともある始末…(本当にわからないことが増えるのも事実なんですが…涙)。

子どもって興味を持ったものに対する知識の吸収力が本当にすごいということは、誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

 

ふと時間があるとスマホに手を伸ばしてしまう。

そんな時間を子どもの興味あるものに関心を持つ時間に充てたり、子どもと一緒に何かをする時間に充てる。

子どもとの時間、自分の時間、メリハリをつけてどちらの時間も大切にしたいと改めて感じたのです。

もちろん、家庭ではゆるっと過ごす時間も必要ですよ~。

 

おしまいに

 

子どもの成長とともに、子どもと過ごせる時間はグングン減っています。

自分の時間も大切、子どもと一緒に過ごせる時間も大切、適度なバランスを保つことが必要ですね。

必要以上にスマホをみる時間を減らす、そして子どもとかかわりを持つ時間に変えていきたいなぁと感じました。

 

あなたは”スマホの画面をみる時間と子どもの顔をみる時間、どちらが多いですか?”

子育て/レジャーカテゴリの最新記事