交際費における5,000円基準。2次会の場合はどうなる?

交際費における5,000円基準。2次会の場合はどうなる?

 

取引先との飲食代が一人当たり5,000円以下ならば会議費としてOKなのが、交際費における5,000円基準です。

1次会と2次会と続いた場合はどうなるのでしょう?

5,000円基準、2次会有りの場合はどうなるのかお話していきます。

 

Advertisement

 

交際費における5,000円基準。2次会がある場合は?

 

2枚の領収書を渡されました。

1次会、2次会と、得意先の接待をしたとのこと。

二人で飲食した領収書です。

 

1次会(1件目):7,000円

2次会(2件目):9,000円

 

1件当たりは一人5,000円未満だけれど、2件の合計では一人5,000円を超えています。

一人当たり5,000円以下の飲食代は、交際費から除外して損金算入できるわけですが、2次会の場合は、どうなるのでしょうか?

 

 

1次会と2次会、違うお店であれば、領収書ごとに金額判定される

 

国税庁のサイトより

1次会と2次会など連続した飲食等の行為が行われた場合においても、それぞれの行為が単独で行われていると認められるとき(例えば、全く別の業態の飲食店等を利用しているときなど)には、それぞれの行為に係る飲食費ごとに1人当たり 5,000 円以下であるかどうかの判定を行って差し支えありません。
しかしながら、それら連続する飲食等が一体の行為であると認められるとき(例えば、実質的に同一の飲食店等で行われた飲食等であるにもかかわらず、その飲食等のために要する費用として支出する金額を分割して支払っていると認められるときなど)には、その行為の全体に係る飲食費を基礎として1人当たり 5,000 円以下であるかどうかの判定を行うことになります。

 

ざっくり言うと、領収書ごとに金額判定されると考えて良いということです。

 

つまり、上記のケースであれば、会議費として損金算入できるということです。

もちろん、交際費に計上して間違いになるという訳ではありませんが、統一した処理をすることは大切ですよね。

 

領収書に必要なこと

 

損金算入には、必要事項が記載された書類の保存が条件になります。

 

イ その飲食等のあった年月日
ロ その飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の氏名又は名称及びその関係
ハ その飲食等に参加した者の数
ニ その費用の金額並びにその飲食店、料理店等の名称及びその所在地
(注) 店舗を有しないことその他の理由によりその名称又はその所在地が明らかでない場合は、領収書等に記載された支払先の氏名若しくは名称、住所若しくは居所又は本店若しくは主たる事務所の所在地が記載事項となります。

 

日付や金額・お店の名称は、通常、領収書に記載がありますね。

わかるように、得意先や参加人数等を領収書に明記しておくと良いです。

 

おしまいに

 

1次会、2次会とあった場合でも、違うお店であれば、会議費として損金算入できます。

注意したいのは、飲食代に限るという点です。

例えば、手土産を購入して渡したという場合、その手土産代は交際費になりますので、気を付けたいですね。

事務の実務カテゴリの最新記事