「運は操れる」DaiGo著。ネガティブな人は読む価値アリの一冊。

  • 2018.06.14
「運は操れる」DaiGo著。ネガティブな人は読む価値アリの一冊。

誰もが一度は感じたことがある「運がいい」「運が悪い」。

もし運を操ることができるなら、運を味方につけたいと思いませんか?

メンタリストのDaiGoさんの書籍「運は操れる」を紹介します~。

 

DaiGoさんがジャンケンに強いのはメンタリストだからという訳ではない

 

DaiGoさんはジャンケンで負けることがほぼないそうなんです。

それを聞いてあなたはどう感じますか?

メンタリストだから相手が何を出すかわかるんじゃないかと思っちゃいますよね?

メンタリストだからではなく、実はある方法を知っているからジャンケンで勝てるんだそうです。

ある訓練を重ねて得られるようになった結果とのこと。

そしてそれはDaiGoさんだからできるという訳ではなく、そうなるまでにはかなりの積み重ねが必要ではありますが、同じように訓練を重ねることによって誰でも勝てるようになれるそうなんです。

グー・チョキ・パーをランダムにだし勝敗を運だと思っている人と、勝率をアップさせる方法を知っている人とでは、得られる成果に大きな違いがあるということなんです!

 

運を操るってどういうこと?

 

「運がいい」や「運が悪い」と口にしたり耳にすることはよくあること。

失敗や成功を運のせいにするのは簡単ですよね。

運のせいにすると、人は考えることや行動することをやめてしまいます。

何かに失敗して「運が悪かった」と、目に見えない運というものを理由にして、失敗したことの見直しをしないでまた同じ失敗を繰り返してしまう。

う~ん、心当たりがありますね~。

「運なんて操れるの?」とぼんやり思うより、運を味方に付けるように行動に移してみることが大切であり、運を操ることに繋がっていくということなのです。

「運は操れる」には、運を操る力を鍛えて伸ばすための、日々の習慣や行動のヒントが書かれているんです。

運を操る力を鍛えて伸ばす!

 

運を操るというと「どんなにすごいことをするんだろう」、「どんなすごい力を備えないといけないんだろう」と難しく考えてしまうかもしれません。

運を操る力を鍛えて伸ばしていくために、大きく3つのことが紹介されています。

 

まず、一つ目は不安に強くなること。

運を引き寄せたくても、一歩を踏み出す勇気がないまま何も行動をしないことには何もはじまりません。

リラックスした状態を保つことを増やしていくと成功につながりやすいというと、納得できますよね。

プレッシャーを感じ本領発揮できなかったという経験は誰もがあるはず。

まさに不安に強くなることによって本来の力をだすことができたら成功につながると言えます。

 

二つ目は試行回数を増やすこと。

ぶっつけ本番ではなく、幾度か練習を繰り返すことによって実力をつけることは成功へ繋がります。

失敗するって怖いものですが、小さな失敗や小さな成功を重ねることが大切ですよね。

対人不安解消のために「恥さらしトレーニング」を行うことは効果があると書かれていましたが、面白いなと感じました。

 

三つ目は気付く力を鍛えること。

目の前にあるチャンスに気付くことができるかどうかが、運の良し悪しを左右することになります。

つまり、不運だと感じている人はチャンスに気付かず見落としてしまっているということなんです。

運をやってくるものととらえ運を待っているのではだめ、運はこちらの行動次第で変えることができるということなんです。

もしかして気付いていないということが自分自身の身近にあるんじゃないかと気になりました。

 

おしまいに

 

待っているだけではダメ、行動を起こすことが大切だということを改めて感じました。

私自身も運がいいと思うことの方が少ないタイプです。

運や他の何かのせいにして、自分自身の考えることや行動することをやめてしまっていることに気付きました。

 

スピリチュアルなものに頼るより、試行回数を増やし行動にうつすことこそ成功に近づく一歩なんだということ。

リラックスした中でチャンスを見逃さないよう気付く力を鍛える、運を操り成功につながるんだということ。

この本を読めばすぐに運を操れるようにるのではなく、日々の習慣や行動を変えていくことで運を操れるようになり成功に繋がるヒントになるはずです。

運がやってくるのを待つのではなく、あなたの行動次第で運は変えることができる、まさに運命を自分の手で切り開くということなんですね。

 

メンタリストDaiGoさんの本「運は操れる」は、ネガティブ思考なあなたに読んで欲しい一冊です。

この一冊を手に取る行動が、運を操ることができるチャンスにつながるかもしれません。

カテゴリの最新記事