絵本選ぶならこの1冊!大人にもおすすめ「おかあさん だいすきだよ」

絵本選ぶならこの1冊!大人にもおすすめ「おかあさん だいすきだよ」

親子で読みたい絵本、子どもの好きな絵本、あなたの好きな絵本、どのような絵本を思い浮かべますか?

私にも大好きな絵本があります。

それは、みやにしたつやさんの「おかあさん だいすきだよ」という絵本です。

「おかあさん だいすきだよ」についてのお話をしていきます。

 

Advertisement

「おかあさん だいすきだよ」はこんな絵本

 


 

おかあさんね あなたが ずっと ずっと ずーっと だいすきだよ。

ぼくはお母さんが大好きだけど、お母さんは「早くしなさい」「ぐずぐずしないで」「何回言えばわかるの」って、ぼくをしかってばかり。優しくしてくれたら、もっと好きなのに。子どもの気持ちに寄り添った子育て応援絵本。

 

「おかあさん だいすきだよ」みやにしたつやさん作・絵  金の星社 ↓↓

http://www.kinnohoshi.co.jp/shop/info.php?isbn=9784323072753

 

絵本に登場するのは、「ぼく」とそのお母さん。

ちょっとしたことで「ぼく」を叱ってしまうお母さん。

 

「ぼく」はそんなお母さんに対して、もう少しこう言ってくれたら・こうしてくれたら「もっとおかあさんのことだいすきだよ」と思います。

眠る「ぼく」にお母さんは思います「おかあさんもねあなたのことがだいすきなのに…」「しかってばかりでごめんね」と。

 

子どものことが大すきなのに、いつも叱ってばかり…

 

本屋さんでこの絵本に出会いました。

 

子ども向けの絵本というジャンルになるかと思いますが、是非ともお子さんと一緒にお母さんに読んでいただきたい絵本です。

お母さんに向けたメッセージが書かれた絵本だと思います。

 

叱るより、もっとこんな風に伝えたら良いだろうなということはわかっているのです。

わかってはいるのに、子どもに対して時に感情的に叱ったり声を荒げたり…。

子供のことが誰よりも大好きなのに…。

 

そして眠った子どもの顔をみて思うのです、「ごめんね…」と。

 

私もいつもそんなことの繰り返し。

この絵本にはまさにそんな私自身が描かれていました。

同じ思いをしているお母さんはきっと私だけじゃないと思います。

 

おしまいにある、みやにしたつやさんのあとがき(「作者から」)を読むとさらに目頭が熱くなります。

 

みやにしたつやさんのやさしいイラストもとっても可愛くて大好きです。

 

おしまいに

 

何度も繰り返し読んでいる「おかあさん だいすきだよ」。

子どもの気持ちと母親の気持ち、どちらも描かれている絵本です。

「いいお母さんになりたい」と思っていましたが「幸せなお母さん」でありたいと最近はそう思うようになりました。

 

繰り返しになりますが、同じ子育て中のお母さんに一度手に取ってみて欲しい絵本です。

 

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

 

エンタメカテゴリの最新記事