宛名の敬称「御中」と「様」の使いわけ、あなたは大丈夫?

宛名の敬称「御中」と「様」の使いわけ、あなたは大丈夫?

郵便やメール、FAXを送付する場合、宛名には敬称が必要です。

敬称の「御中」と「様」、意外と間違いがあることがあるんです。

正しい敬称を使うことはビジネスマナーの基本でもありますので、確認していきましょう!

 

「御中」と「様」の使いわけ

 

基本的な敬称である「御中」と「様」。

日常的に目にするものですし、使うものでもあります。

 

「御中」は、組織の中の誰かに対する敬称で、会社や団体など個人ではない場合に使います。

「様」は個人に対する敬称で、個人に宛てる場合に使います。

 

個人に対する敬称「様」はイメージしやすいですが、「御中」はイメージしにくいかもしれません。

「 〇〇会社 御中 」と書かれた場合、「 〇〇会社の中のどなたかへ 」という意味になります。

いかがでしょうか、意味を考えると少しイメージできたのではないでしょうか。

 

ありがちな間違い「御中」と「様」の併用

 

〇〇株式会社の△△さんに送付する場合、

 

〇〇株式会社 御中
△△ 様

 

コレ、目にしたことはありませんか?

間違いなんです!

「御中」と「様」の敬称を併用してしまっている間違い、意外とあるんです。

 

 

・会社宛の場合

 

〇〇株式会社 御中

 

・個人宛の場合

 

〇〇株式会社
△△ 様

 

・役職がある個人宛の場合

 

〇〇株式会社
部長 △△ 様

 

このように敬称を使いわけます。

 

「様」と同じように「社長」や「部長」も敬称です。

「 △△部長 様 」もありがちな間違いなので再確認してみてください。

 

省略しないで正式な社名を宛名には書く

 

敬称とは別の話になってしまいますが、宛名の書き方として気を付けたいポイントがあります。

会社名の省略はできるだけ避けるべきということです。

「㈱」や「㈲」などと省略されることがありますが、宛名として記入する場合は、正式な「株式会社」「有限会社」のようにと書くことが基本です。

 

おしまいに

 

宛先の敬称は、会社や団体などには「御中」、個人には「様」を使います。

また、宛先として社名等を書く場合には、省略は避け正式なものを書くようにします。

 

日頃何気なく目にする宛名ですが、いざ、宛名を書く立場に場合、基本をおさけておけば迷うこともありません。

ビジネスシーンだけでなく、プライベートなシーンでも役立ちます。

事務の仕事カテゴリの最新記事