【体験談】事務員の本音「こんな上司はイヤだ!」机にポイポイ放任上司!

【体験談】事務員の本音「こんな上司はイヤだ!」机にポイポイ放任上司!

「獣になれない私たち」が好きです。

仕事をガンガン押し付けられる主人公の思いに共感せずにはいられない、お気に入りドラマの一つなんですよね。

 

さて、あなたは上司に対して「キーッ(怒)!!」となったことはありませんか?

もしかすると、上司に対してそのように感じたことがない人の方が少数派かもしれませんね。

 

事務員としていくつかの会社で働いてきた私。

「こんな上司はイヤだ!」

もちろん私も、そんな上司に遭遇することがあります!

 

今回は、机に何でもポイポイな放任上司についてのお話をしていきます。

 

机に書類を置くならメモでも一言でも欲しい

 

事務員は、書類はもちろん色々なものをポンポン机に置かれることがよくあります。

本当~に、よくあるんです!

 

もちろん前例がある書類の場合は同様に処理します。

困るのが、前例がない書類なんですよね。

みたことのない、全くの初見の書類です。

 

そういった場合は、メモか一言欲しいというのが事務員の本音なんですよね。

調べて処理可能なものは良いのですが、なかにはどのように処理する必要があるのか、説明がないとわからない書類もあるわけです。

 

例えば、Aの処理にするべきかBの処理にするべきか不明な場合。

放任上司とのやり取りはこんな感じ。

 

私  「Aでよいでしょうか?」

上司 「それでいい。」

 

もしくは、

 

私  「Bでよいでしょうか?」

上司 「それでいい。」

 

同じ内容であっても、Aでよいかと尋ねるとAでよい、Bでよいかと尋ねるとBでよい、と答えるのです。

 

どうするべきが答えてもらうように質問を変えて尋ねてみると、

 

私  「どのようにしましょうか?」

上司 「同じでいいよ。」

私  「…。」

 

何と同じなんでしょう?

”同じ”がないから質問しているんです~(怒)!

 

それって内容を全く理解してくれていないってことですよね。

 

このように放任上司の態度に対してイライラが続くと、確認したり尋ねることすら本当~に嫌になってきます!

社内に関することならある程度何とかなったとしても、社外に関することとなると、会社の信用問題にも影響してきますよね。

 

またある時は、担当者の名刺を手渡され「確認してみて」なんて放任上司に言われることもありました。

「えっ、担当者と会話を交わしてその書類を受け取ったんじゃないんですか!」

と言えない私は心の中で叫ぶだけでした…(涙)。

 

書類を読んだり記入したりといったことが面倒で嫌いだと公言していた放任上司。

面倒な書類が好きな人のほうが絶対少ないですよね?

「書類」=「面倒」=「事務員の仕事」という図式が彼の頭にはあったようです。

ちらに書類をまわすなら、きちんと理解したうえできちんと指示しください!と思うのです。

 

経理担当者の不正のニュースをみて経理担当経験者が思うこと

 

そんな放任上司、私の仕事に関して、当然ながら一切チェックはありませんでした。

小さな会社だったので1人で経理を担当していたんですね。

 

 

特に経理に関しての放任は疑問に感じることも多いです。

 

経理担当者が会社のお金を横領したなんてニュースがたまにありますよね?

 

私は会社のお金を横領しようなんて考えたこともないですが(←あえて言うとあやしい感がでてしまうのが心苦しいことろですね…苦笑)、

でも、でもですよ、経理業務の管理が不十分な会社は横領が可能だと思います。

あまり財務諸表をみない社長もいます。

放任がすぎる会社は要注意ですよ!

 

仕事を任されることと放任は違う!

 

「仕事を任される」というとどんなイメージでしょう?

責任が生じるけれど信用されている、私はそんなプラスのイメージですね。

 

仕事を「任す」ということは、その仕事の内容を理解したうえで仕事を振る。

そして、何かあった場合は責任を持つことができるという意味合いで解釈しています。

 

逆に「放任」は、その仕事の内容を理解もせずに、仕事を振るだけ振る。

そして、何かあった場合には責任を持たないといった意味合いで解釈しています。

仕事の内容を理解していないと、フォローもすることはできません。

正しくは責任を”持たない”ではなく”責任を持てない”ワケなんですね。

仕事の内容に関わらず、自身が苦手な仕事であったり面倒・やりたくない仕事を任せるだとかそういたイメージですね。

 

放任上司に「任せているから」と言われても「任されている」とは思いません。

放任上司は、面倒な事務処理を完全に「放任」しているからです。

逐一チェックが入らないことは、気楽な面も確かにあるかもしれません。

でも、どんなに工夫したり頑張ったとしても理解されません。

 

その仕事に関しての知識がないということは、良いのか悪いのかさえもわかりませんから、評価も何もありませんよね。

評価されるために仕事をしているわけではありませんが、評価されると仕事に対するモチベーションは上がります。

放任上司の下で働くと残念ながらモチベーションは下がってしまうんですね。

 

おしまいに

 

事務員の体験談「こんな上司はイヤだ!」放任上司の巻でした。

同じ思いで日々頑張っている事務員さんも多いのではないでしょうか。

本当にこんな上司だとストレスもたまっちゃいますよね。

事務の仕事カテゴリの最新記事