その頭痛や肩こりの原因は気象病かも?簡単「くるくる耳マッサージ」で改善しよう!

その頭痛や肩こりの原因は気象病かも?簡単「くるくる耳マッサージ」で改善しよう!

「雨の日は頭痛がつらい」

「梅雨の時期は肩こりが悪化する」

雨や梅雨、台風が近づくなど、天気が悪いとなんだか不調・・・つらいですよね。

その症状、もしかすると気象病かもしれません。

原因と対策を知ることは、体調の改善につながります。

道具も不要で誰でも簡単にできる耳のマッサージを取り入れてみませんか?

1分でできる「くるくる耳マッサージ」を紹介します。

 

Advertisement

 

気象病って?

 

気象病とは、気圧や湿度、気温などの変化に影響を受け、引き起こされる不調や病気のことです。

低気圧が近づくと、頭痛や肩こりがなど体の痛みや、古傷が痛むことはありませんか?

「古傷が痛むと雨になる」など、体調と天気に関する古くからの言い伝えもありますよね。

 

気象病は、高気圧から低気圧の急激な変化によっておこるものです。

気圧の変化が起こりやすい梅雨の時期は特に注意が必要ということですね。

 

私たちの耳の鼓膜の奥には、内耳という気圧の変化を感じる器官があります。

内耳が気圧の変化に敏感すぎると、わずかな変化でも脳に過剰な情報を伝えてしまいます。

急激な変化に対応できないことにより、つらい症状がでてしまうという訳なんですね。

 

気象病の対策って何かある?

 

気象病の対策として、規則正しい生活が大切とされています。

十分な睡眠をとることや正しい食生活をとること、そして適度な運動を心掛けることですね。

 

そうですね、よ~くわかります。

規則正しい生活が大切なのはわかるけれど、規則正しい生活していますと胸を張って言えるかは微妙・・・ですよね。

 

さて、そんな時に実践して欲しいのが「くるくる耳マッサージ」です!

 

簡単!「くるくる耳マッサージ」のやり方を紹介!

 

「くるくる耳マッサージ」ってどんな効果があるの?

内耳の血行を良くし、内耳の自律神経を整えてくれる効果があります。

 

それでは、「くるくる耳マッサージ」のやり方を紹介します。

 

①耳を軽くつまみ引っ張る。上・横・耳たぶを各5秒。

②耳を軽く横に引っ張りながら、後ろ方向にゆっくり大きく5回まわす。

③耳を包むように折り曲げて5秒キープする。

④耳全体を手のひらで覆い、円を描くように後ろに向かってゆっくり5回まわす。

※イラスト付きでわかりやすいウェザーニュースのサイトも参考にしてみてください。

 

朝昼夜、1日3回行う。

耳を引っ張るときは、痛気持ち良いくらいの強さで行う。

耳をまわすときは、耳の後ろの筋肉を動かすことを意識する。

リラックスして行う。

 

固くなった耳への刺激を取り入れよう!

 

耳ツボも注目されているように、耳には多くのツボがあります。

耳を揉んだり引っ張ったり刺激を与えることで、ほぐす効果が得られます。

内耳の血行を良くすることは、気象病の緩和だけでなく、リンパ液の循環の改善にも良いのだそう。

 

私の場合、「くるくる耳マッサージ」を実践した翌日から体調の変化があったように感じました。

たまたまなのかもしれませんが、ここ数日は継続して実践しています。

 

そして、気付いたことがあるんです。

それは、自分の耳の固さです!

 

子どもの耳と私自身の耳を触り比べてみると・・・。

やわらか~い子どもの耳に対して、かた~い私の耳。

あなたも子どもの耳と触り比べてみてください。

自分の耳が固くなってしまっていることにきっと気付かされますよ。

 

固くなってしまった耳をじっくりとほぐしてみてくださいね。

 

おしまいに

 

雨や梅雨、台風が近づくと、不調になるあなたは気象病かもしれません。

できるだけ規則正しい生活は意識して過ごしてください。

そして、不調の改善のひとつとして取り入れたいケア「くるくる耳マッサージ」。

1分で簡単にできる「くるくる耳マッサージ」で、耳から元気を目指しましょう。

美容/健康カテゴリの最新記事