「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」最終回2時間SP。名演技が光る満足度の高いラスト!

「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」最終回2時間SP。名演技が光る満足度の高いラスト!

「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」最終回2時間SP。

完璧なストーリー展開、そして華麗なる名演技、満足度の高い作品でした!

 

 

テーマは復讐、そして愛

 

復讐劇「「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」。

その名の通り復讐がテーマのドラマですが、もう一つのテーマは愛だと感じました。

 

完治が自分の息子だと知った留美の母親としての愛は、完璧な真海の大きな誤算でもありました。

亡くなったとばかり思っていた息子が生きていた。

その事実は、親子と知らずに関係を持ってしまったことより、自分が母親であるということの方が留美にとっては大きかったんですね。

知らなかったとはいえ、親子で関係を持つって普通に考えると凄すぎる展開!

息子であることを知った時、完治は吐いてましたもんね…(苦笑)。

そんな驚く展開の数々もこのドラマの魅力なんですよね~。

完治が息子だと知ってからの留美の強さ、母は強しそのものでした。

 

父親の身代わりとして暖を陥れた入間。

父親を守るためではなく自分を守るためだったのかもしれません。

そんな入間は、父親が「すべてわたしのせいだ」と真海に伝えたことを知り、父親の愛を感じたのではないでしょうか。

 

プロポーズを承諾する決断をしたすみれ。

すみれの気持ちを察した真海の表情は、「愛は勝つ」の言葉とは裏腹に、あまりに切なく哀しすぎるものでした。

15年という歳月は、誰もの生活や環境、一番大切なものを変えるほど長い長いものだったんですね。

裏切られ罪を被らされ残虐な経験をしたうえ、多くの大切なものを奪われた真海の気持ちを想うと胸がいっぱいになります。

 

結末をどう解釈する?

自ら火をつけた真海を助けたのは幸男だったと信じたいところです。

愛梨と土屋もバイクで向かってはいたけれど、あの距離からなら、あれだけ燃えた家に助けに入るのには間に合わなかったと考えるのが妥当じゃないでしょうか。

口裏を合わせて真海が死んだということにして追われないよう、幸男と神楽は警察であのような証言をしたのでしょうね。

 

砂浜からの防波堤のシーンは「これで終わり?」と正直物足りなさを感じたのが少しだけ残念。。

でも、真海と愛梨、人間を人間と思えないようなむごすぎる経験を過去に持つ二人。

残りの人生、平穏な暮らしをして欲しいと願わずにはいられませんでした。

真海の横顔とても美しかったです。

 

美しい映像と音楽、トータルバランスの良さが魅力

 

切なく美しいメロディもドラマにピッタリ!

”テミワ~イ♪”いいですよね~。

映像美っていうのでしょうか、全体的に映像がきれいなシーンが多く視覚的にも満足度が高いです。

 

顔立ちが美しいディーン・フジオカさん、品のあるスーツ姿が見事で素晴らしいです。

稲森いずみさんのスタイルの良さが強調されるようなスラッとしたファッションにも注目していました。

なんでしょうね、あの腰の細さは!

山本美月さんの薄茶のシャツもとっても素敵でしたよね~。

ただ、最後のすみれ色のトップスはあまり似合ってなかったような…。

未蘭のファッションがダサく感じたのですが、他の人のファッションが素敵だったせいなのか、若い子のファッションがわからなくなってきている年齢のせいなのかもしれませんね(苦笑)。

 

復讐がテーマだけに重く暗いドラマになってしまいますが、未蘭と信一朗の二人の姿が、このドラマのオアシスのようなそんな存在でしたね。

トータルバランス良すぎじゃないでしょうか、このドラマ!

 

脇役の豪華な俳優さんたちの演技がビックリするほど凄すぎた!

 

脇役の豪華すぎる顔ぶれに期待以上の驚きがありました。

本当に俳優さんって凄い!

 

ほぼ目だけの演技で”伝わる”、井武雅刀さん。

悪役もなかなか良く、演技の幅広さを感じた、高橋克典さん。

スタイルの良さと迫力の演技、稲森いずみさん。

毒で苦しみながら死んでいくシーンが圧巻の演技だった、山口紗弥加さん。

クズ役まかせるならピカイチ、新井浩文さん。

最後の晩餐から解放さるシーン、パンツだったのがツボにはまってしまって(笑)。

大倉忠義さんもなかなか良かったのではないでしょうか?

山本美月さんにも期待していたのですが、共感しづらい役のせいなのか、他の俳優さんたちが素晴らしすぎたせいなのか、少し残念な印象でした。

 

おしまいに

 

復讐劇「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」最終回2時間SP。

しっかりしたストーリ、俳優さんたちの素晴らしすぎる演技力、美しい映像と音楽、全てのバランスがとてもよくまとまった素晴らしいドラマでした。

最終回が2時間の放送だったこともあり、大満足なドラマでした!

ドラマ/TVカテゴリの最新記事