よく泣く子どもが小学生になったら、泣き虫は治るの?

よく泣く子どもが小学生になったら、泣き虫は治るの?

泣いてばかりの小さなお子さんをお持ちのお母さん、お父さん、いらっしゃいませんか?

他の子は泣いていないのに、どうして我が子だけが泣くんだろう…。

他の子と同じように、泣かないで遊べる日がやってきたらどんなに楽だろう…。

お気持ち、とてもよくわかります。

泣いているお子さんをみるのはとても辛いものですよね。

よく泣く子どもが小学校に通う今、親として思うことをお話していきます。

 

Advertisement

 

小さな頃は泣いてばかりだった息子

 

当時住んでいた地域は、子育てするのにはとても恵まれた地域でした。

都会じゃないけれど、市の規模からすると充実した子育て環境だったと思います。

子育て支援を行っている未就園児の親子の交流の場が沢山ありました。

 

0歳から知っている仲良しのお友達もできるんですね。

お友達親子と自然と一緒に子育て支援の場に通っていました。

母親の年齢は違っても、同い年の子どもがいるというのは、最強の共通点です。

子どもの月齢が小さければ小さいほど尚更ですね。

 

知っているお友達もいるのに、何度も行ったことがある場なのに、泣く息子。

慣れない場所であれば尚更でした。

他にも泣いている子をみつけるとホッとしたりすることもありました、「うちだけじゃないんだ」と。

もちろん泣かない日もあるにはあるんですが、私の知っている中では息子以上によく泣いていた子どもは知りません(笑)。

 

それでも0歳、1歳、2歳、3歳と大きくなるにつれて少しずつ落ち着いていきましたね。

ですが、一番大変だった思い出の一つは幼稚園の入園式です。

入園式当日、大泣きのあまり、ほとんど先生の話を聞くことが出来ませんでした。

 

幼稚園に通い出してもしばらくは朝泣いてばかり。

お迎えに行くと元気になっているのに、翌日の朝はまた涙涙…。

先生に息子を預け、後ろ髪を引かれる思いで、なんとか幼稚園の送りを終えます。

 

1人の時間、息子は泣き止んだだろうか、遊んでいるだろうか、そんなことばかり考えます。

いつまで続くんだろうと思い悩んでいたあの頃。

 

周りのみなさん、いつも迷惑をかけてごめんなさい。

自分の神経質な育児が悪かったんだろう。

自分のせいで息子に辛い思いをさせている、ごめんね。

暗くて長いトンネルはいつまで続くんだろう…。

そんなことを毎日考えていました。

 

あの頃の私に教えてあげたい、いつまでも続かないよ、大丈夫だよ、と。

幼稚園も朝泣かないで通えるようになっていきました。

泣くからといって休ませることはしませんでした。

 

よく泣く子どもが小学生になったら泣き虫は治る?

 

小さな頃、泣いてばかりだった息子も今では小学生。

毎日学校へ通っています。

母親と離れる時泣いてばかりだった小さな子どもが、小学生になったら学校へお友達と行って帰ってくるようになるんですよ。

帰りは特に楽しそうに。

 

行きくないという日は全くないわけではありません。

行きたくないという日もあれば、楽しみという日もあります。

大人だってそう、月曜なんて特に会社行きたくないですから。

それでも、毎日学校へ通っています。

息子は控えめなタイプですが、活発なお友達とも仲良くしています。

 

我が家の場合、泣き虫は治ったといえそうです。

 

おしまいに

 

生まれ持った気質は変わらない。

気質は性格を構成する一部であり核の部分でもある。

ということを心理学で学んだことがあります。

気質は変わることはないけれど、環境により性格が変化することはあります。

 

私自身も幼稚園の頃は行きたくなくてよく泣いていた子どもでした。

恥ずかしいですが、母を追いかけたのでしょうか、泣いて泣いて走る記憶もあります。

息子も私もそういった気質なのでしょう。

それはそれで受け止める。

 

当時は、今のような友達と学校へ通う息子の姿なんて想像すらできませんでした。

ですが、大人になっても毎日泣いている人はいません。

泣かない日は必ずやってきます。

どうか、子どもやあなた自身を責めないでください。

子育てカテゴリの最新記事