男の子の子育てって大変?10歳男児はナゾと面白さがギュギュ~ッ!

男の子の子育てって大変?10歳男児はナゾと面白さがギュギュ~ッ!

小さな頃は「母さん!母さん!」だった息子。

成長とともに「父さん!父さん!」が増えてきました。

男同士の方が良いことということもあるようなんですよね。

母親の立場としてはちょっぴり寂しいです。

 

…と、すみません、少しだけ見栄を張ってしまいました。

正直に明かすとものすご~く寂しいです!

 

そんな10歳の男の子、幼さもまだまだ残っていて本当に面白くて、本当に可愛くて、それでいて男の子は本当~にナゾな部分も多いです!

男の子の子育て真っ最中の母親が、今、感じることについてお話します。

 

小学生向けの小学ポピーはコチラ ⇒ 小学LP

我が家も利用していた幼児ポピーはコチラ ⇒ 幼児LP

 

男の子の子育ては大変?

 

「男の子の子育ては大変」と聞くこともあります。

男の子一人を子育て中の私は、女の子の子育ての経験がないので比べることができません。

また、我が家は子どもが一人なので、兄弟がいればまた大変さも違ってきたかもしれません。

例えば、三姉妹と三兄弟では、三兄弟の方が大変なイメージがありますよね。

 

小さい頃は、とてもよく泣く子だったので、そのことで悩んだ時期はあります。

 

ですが、やんちゃなタイプではない息子の小さい頃のことを思い返してみると、男の子だったらか大変だったな~と感じたことはあまりないです。

 

小学校高学年の今、女の子の方が大変なのでは?感じることもあります。

友達関係に関しての悩みは女の子のお母さんから聞くことのことが多いように感じるからです。

しっかりするのが早い女の子に比べると男の子はどうしても幼さが残る印象です。

言いかえると男の子は単純というかなんというか…。

でも、それがまた可愛いと思ってしまう(←親バカです…笑)。

 

性別関係なく個性ってありますよね?

元気なイメージの男のだけれど、活発な女の子だっているし、おとなしい男の子だっています!

大人だってそうですよね。

 

また、今はまだ素直だな~と感じることが多いのですが、これからやってくるであろう反抗期が大変さの本番なのかもしれません。

これからのことなので全く想像がつきません。

 

男の子の子育ては大変かどうか?

男の子を1人子育て中の私は、

男の子だから大変とか女の子だから大変というより、子どもの個性と成長と共に大変さは変わってくる!

と感じます。

 

それにしても、親が子どもに対して可愛いと思う気持ちってなんだか不思議です。

まだ息子が小さかった頃は、小学生の子どもをみると、しっかりお兄ちゃんやお姉ちゃんだな~と感じていたように思うのですが、

息子が小学生高学年になった今、まだまだ可愛いと思ってしまいます。

お兄ちゃんらしくなったところももちろんあるのですが、「お兄ちゃん」としてみるより「可愛い子ども」として見てしまっているのでしょうか。

親が子どもに対して可愛いと思う気持ちって、子どもがいくつぐらいまで感じる感情なんでしょうね?

 

男の子の行動はナゾが多い!

 

母親である私とは性別の違う男の子はナゾが多いです。

未知の世界といいますか、想像がつかないような場面に遭遇することもあるんですよね。

 

平気で裸でウロウロしている!

 

平気で裸でウロウロ(というよりゴロゴロ…笑)しています。

しかも家の中では大概寒くないんだとか。

寒がりの私からみると、風邪なんかひいて欲しくないから早く服着て欲しい!!

 

エアコンを使う時期でも、エアコンつけてある部屋の中でもパンツ一丁ということもしばしば。

 

パンツ1丁率が高いのは、

 

学校から帰ってから

お風呂からあがってから

 

ですね。

 

こうして考えてみると、「着替えるのが面倒なんじゃないか、キミ!」…ですね。

 

家の中でおながらすごい!

 

(おならネタが苦手な場合は以下スルーしてください。)

息子はとにかくおならをよくします。

家の中限定です。

 

しかも、ものすごい音のおならをします。

「ブブブ!」

「ボン!ドドド!」

はじけるような本当~にイイ音なんですよね。

よくもまあそんなに大きな音のおならがでるものよねぇというレベルです。

 

ちなみに、そんなにおならをして学校ではどうなのか聞いたところ、学校ではおならをしないそうです。

本人いわく「学校ではおならがでない(でそうにならない)」そうです。

家ではしっかりリラックスしてくれているんだと喜ぶことにします(苦笑)。

 

ゲームの集中力がすごい!

 

男性と女性では脳の仕組みが違うといわれていますよね。

一般的に、男の子は図形や空間などの認識が得意だといわれています。

ゲームって図形や空間などの認識に関係しているように思います。

 

子どもは成長とともに、遊びも変わってきますよね。

する時としない時のムラは結構あるけれど、やっぱり基本ゲームは大好きです。

ゲームに関することを覚えるのはものすごく早いです。

どこで覚えるの?といつも思うのですが、友達やYouTubeから知識や情報を得ているようなんです。

 

子どもって興味あるものに対する集中力って本当にすごいですよね。

 

勉強もゲームと同じくらいに集中して欲しい!

 

もうこれは世のお父さんお母さん、みんなが思うことですよね。

 

おしまいに

 

ナゾと面白さがギュギュ~ッな10歳の男の子。

あんなに「母さん!母さん!」だった小さな息子からは想像できないくらい、成長とともに彼の中で母親である私の存在が占める割合は減っていくもの。

正直めちゃくちゃ寂しいです!!

でも、子どもの成長ってそうじゃなくちゃいけないですから、成長していることを喜ぶべきなのかもしれませんね。

子どもの成長とともに私自身親として成長させてもらっているんですよね。

 

子どもの「したいこと」と、親の「したいこと」とで差が生じることも増えていきます。

一緒に出掛ける機会も今後ますます減っていくんですよね。

そう考えると、今、一緒に遊んだり一緒に楽しめることって本当に貴重な時間

できるだけ楽しい時間を共有したいと強く思います。

 

子どもが健康で元気に成長して欲しい。

今を大切に一緒に楽しく、母親として子供の成長を見守っていきたいです。

 

子育て/レジャーカテゴリの最新記事