「オトナ女子の気くばり帳」人間関係で”嬉しい”が増えるイラストが素敵な一冊!

  • 2018.07.05
「オトナ女子の気くばり帳」人間関係で”嬉しい”が増えるイラストが素敵な一冊!

素敵なカードに手書きのメッセージが添えられていてうれしい気持ちになった、そんな経験はありませんか?

女の子のイラストが印象的なカバーの「オトナ女子の気くばり帳」。

相手がうれしくなるような、そして自分自身もうれしくなるような、そんなちょっとした気くばりがギュッとまとめられた本「オトナ女子の気くばり帳」を紹介します。

 

相手もよろこぶ 私もうれしい 「オトナ女子の気くばり帳」

 

編者である気くばり調査委員会が、1,000人にアンケートを実施し、気くばりの達人に取材をしてまとめられた本「オトナ女子の気くばり帳」。

「うちとけたいとき」や「約束をするとき」、「お金を支払う・いただくとき」など13のシチュエーションにわけて、気くばりのコツが紹介されています。

 

マナーやルールにとらわれるだけでなく、ちょっとしたひと手間を加えることにより、相手との距離が縮まることがある。

この本のコンセプトはそんな”媚びずに、無理せずに、さりげなく”な気くばり。

気を遣いすぎてわざとらしいものではなく、相手があたたかい気持ちになれるような自然な気くばりが「オトナ女子の気くばり帳」にはギュギュッと詰まっているんです。

 

対応が気持ちが良くて素敵な人って、あなたの周りにもいませんか?

そんな彼女/彼は気くばり上手な人なのではないでしょうか。

 

プライベートだけじゃなくビジネスでも活用できる気くばりのアイデアが満載の一冊なので、オトナ女子だけでなく、オトナ男子も読んで損ナシです!

 


相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳 [ 気くばり調査委員会 ]

 

ますこえりさんの素敵なイラストがマッチ

 

カバーの女の子のイラストが目を引く「オトナ女子の気くばり帳」。

イラストを担当されているのは人気イラストレーターのますこえりさん。

ますこえりさんの名前は知らなくともイラストは目にしたことがあると感じる方も多いのではないでしょうか?

 

どことなくレトロ感があながらお洒落な雰囲気で味わいのある素敵なイラストがとても印象的。

ひらがなとイラストがとてもマッチしていると感じます。

「オトナ女子の気くばり帳」には、ますこえりさんの魅力的なイラストがたっぷり使われています。

 

文字サイズのバランスや効果的な余白も多く、イラストでよりわかりやすく、とても読みやすい本になっています。

 

身近に使える気くばりのアイデアやコツがいっぱい!

 

当たり前かなのように思える内容も多いですが、”知っていること”と”実際に実行していること”はまた別の話ですよね。

もちろん、なるほど!と参考になる内容もあります。

 

例えば、「嫌い」や「苦手」という表現を使うより、「得意ではない」という表現方法。

「〇〇が嫌いです」と伝えるより「○○は得意ではないんです」と伝える。

いかがでしょう?

ダイレクトなマイナス感のある言葉を使うよりグッとやわらかい印象になりますよね。

同じ意味合いの内容を伝えるにしても、その伝え方ひとつで相手の印象がガラッと違うもの。

言葉で伝える場合より、メールや手紙などの文字だけの場合、伝え方の印象というのはより大切になってきますよね。

 

また、日本人が苦手とする「断る・断られるとき」の気くばりのコツについても書かれています。

「とても残念なのですが」など気持ちを添えること、「あいにくですが」とワンクッションおいて伝える。

相手がまた誘おうと思えるように断るにはどのように伝えると良いのかを考えて言葉を選ぶ。

「できない」「行けない」などのように伝えるより、「△△ならできます」や「〇〇なら行けます」のように可能なことを提案する。

などなど、なるほどと参考になります。

 

おしまいに

 

「オトナ女子の気くばり帳」を紹介しました。

人間関係がスムーズになるちょっとした気くばりのヒントが盛りだくさんなこの一冊。

素敵なイラストがふんだんに使われていることもあり、とても読みやすい「オトナ女子の気くばり帳」。

オトナ女子のみならずオトナ男子も是非手に取ってみてください。

カテゴリの最新記事