会計ソフトの導入で経理を快適にしませんか?アナログ経理とサヨナラ!

会計ソフトの導入で経理を快適にしませんか?アナログ経理とサヨナラ!

エクセルや手書きで頑張って経理をされている小さな会社の経理担当者の方、個人事業主の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アナログ経理をやめて会計ソフトの導入を検討してみませんか?

とは言え、社長やお局様が昔ながらのやり方を変える気がないとか、自分の独断じゃ決めれないとか、気にはなるけれど不安だとか…色々ありますよね。

実際に会計ソフトを導入してみていえること、それは経理が格段にスムーズになるということです。

 

会計ソフト導入のメリット

 

会計ソフト導入のメリットは?

エクセルの入力や手書き、転記の手間が省ける。

転記ミスを防ぐことができることにより、その原因究明や修正に多くの時間を費やすことを防げる。

誰が見てもわかりやすい、特有のクセが出る手書きに比べて美しい。

伝票や元帳などの帳票類を購入しなくてよくなる。

集計が自動で行われることにより、貸借対照表、損益計算書などリアルタイムに見たい数字を見ることができる。

 

会計ソフト導入による不安とは?

 

会計ソフト導入にあたり心配していた不安は?

初期設定や登録等、使いこなせるか不安。

慣れるまでが大変。

各種帳票のプリントをする場合、コピー用紙の消耗が増えるのでは?

 

会計ソフト導入には不安がともないました。

が、導入後不安は解消されました。

 

初期設定や登録等、使いこなせるか不安。

無料で試すことができるソフトも多いです。

実際にいくつか試してみて使いやすいソフトを探してみたり、不安な場合は質問やサポートを活用しましょう。

 

慣れるまで大変では?

実際の入力までに、初期設定などでソフトを操作することになりますので思ったよりもスムーズに進むと思います。

最初の一月分の入力が終わると、もうきっと大丈夫です!

 

各種帳票のプリントをする場合、コピー用紙の消耗が増えるのでは?

伝票や元帳などの帳票類の購入をしなくてよくなった分、気になりません。

 

会計ソフトを導入したら今までのアナログ経理は?

 

導入して開始となった時、今までのエクセルや手書きで処理していた経理と平行して行ったほうが良いか迷いますよね。

一番迷ったのは伝票です。

当初、せめて伝票は一月分は並行して作成しようと考えていましたが、新しい期からの導入ということもあり、思い切って伝票作成はやめ会計ソフトへダイレクト入力で処理しきていきました。

今まで当たり前のように書いてきた伝票作成をしなくなるというのは、なんだか不安な気持ちになりますよね。

エクセルで管理していた現金出納帳のみ一月分並行して管理しました。

結局、まったく問題ありませんでしたので、二月目からは会計ソフトのみです。

 

個人的には、手間を減らしていきなり会計ソフト一本でも大丈夫だと思います。

ですが、複雑な経理の場合や不安な場合は、手間ではありますが、会計ソフトに慣れるまで並行して処理をしていくと安心かと思います。

 

おしまいに

 

中小企業向けのソフトなら、最近では安価で使いやすいものも多数販売されています。

無料でお試しができるソフトを活用してみると良いと思います。

実際に試してみて、使い勝手はどうか、自社にあったソフトであるか、判断がすることができます。

価格はもちろん、サポートに関しても併せて検討することをお忘れないようにお気を付けください。

 

 

 

事務の実務カテゴリの最新記事