「103万円の壁」「150万円の壁」の違いは?【パート主婦なら知っておきたい!】

「103万円の壁」「150万円の壁」の違いは?【パート主婦なら知っておきたい!】

パート主婦ならきっと耳にしたことがある「103万円の壁」。

2018年からは、「150万円の壁」がすい星のごとくあらわれ(!)、頭が混乱してはいませんか?

配偶者(パート主婦なら夫ですね)に関する控除が大幅に変わったということに関連するのが150万円で、パートのあなた自身が支払う所得税に関しては103万円のままでこれまでと変わりはありません。

「103万円の壁」と「150万円の壁」について、お話していきます。

 

Advertisement

 

「103万円の壁」「150万円の壁」って?

 

「103万円の壁」や「150万円の壁」という言葉を、目にしたり耳にしたこともあると思います。

「壁」が指すのは、収入のボーダーラインのことなんです。

 

「103万円の壁」とは?

年収が103万円を超えると、超えた額に対して所得税がかかります。

つまり、年収が103万円まであれば、所得税はかかりません。

「103万円の壁」とは、所得税のボーダーラインです。

 

参考までに103万円の内訳は次の通りです。

 

所得税の基礎控除 38万円
給与所得控除   65万円
計        103万円

 

続いて、「150万円の壁」についてみていきます。

 

「150万円の壁」とは?

2018年から、配偶者の税金の控除のボーダーラインが年収150万円まで引き上げられました(年収1,220万円以下の場合)。

つまり、「配偶者控除」「配偶者特別控除」に関するお話です。

「150万円の壁」とは、いわゆる配偶者控除のボーダーラインです。

 

本人が支払う所得税は「103万円の壁」で変わりなし

 

150万円まで働いても所得税はかからなくなったのではありません。

夫の所得税に関する控除の条件が150万円までに引き上げられたのであって、あなた自身の所得税の条件は103万とこれまでと変わりはありません。

 

2018年から配偶者に関する控除が大幅に変わったことにより、配偶者控除のボーダーラインが150万円まで引き上げられましたが、本人が支払う所得税のボーダーラインはこれまでと変わらず103万円のままです。

 

年収が103万円以下であれば所得税を払う必要がありません。

ただし、ひと月の収入が8万8000円以上あると、税金が引かれます。

 

おしまいに

 

「103万円の壁」と「150万円の壁」は、収入のボーダーラインです。

2018年から配偶者に関する控除が大幅に変わり、配偶者控除のボーダーラインが150万円まで引き上げられました。

本人が支払う所得税のボーダーラインは103万円のままで変わりはありません。

事務の実務カテゴリの最新記事