「刑事ゆがみ」第7話の感想。稲森いずみ×りょうが素敵でした!

「刑事ゆがみ」第7話の感想。稲森いずみ×りょうが素敵でした!

「ドクターX~外科医・大門未知子~」、「刑事ゆがみ」、「ブラックリベンジ」と今シーズンの木曜はドラマが充実しています。

ドラマ好きには嬉しいけれど、録画の消化に忙しいのが悩みです…(笑)。

 

さて、「刑事ゆがみ」。

自然とゆがみワールドにはまってしまっているようで、回を増すごとに面白くなっていると個人的には思っています。

 

そして第7話は、りょうさんがゲスト!

これは嬉しい!

「刑事ゆがみ」の魅力

 

実力派の俳優さんたちが主要キャストなので安心してみれる貴重なドラマです。

派手さはなくても、独特の雰囲気があって私は好き。

 

弓神を演じる浅野忠信さんと羽生を演じる神木隆之介さん。

個性的な2人のやり取りは自然で本当に楽しいです。

実力派の2人のなせる業なのでしょう。

「ゆがみ」の魅力ですね。

 

王道ながら、このようなデコボココンビというのは楽しめますよね。

刑事らしくない刑事の弓神。

弓神が容疑者を誘導尋問するシーンがありましたが、本当に弓神らしさ全開の誘導は上手すぎ。

 

普通の刑事にはない不思議な魅力ですよね。

 

稲森いずみさん、りょうさんの魅力

 

りょうさん演じる絵里子が自殺であって欲しくないと思ってしまいましたので、自殺でなかったのは救いだったと思うのと同時に、これから現実と向き合って歩いていこうと思った矢先に殺害されてしまったことがとてもとても悔しく残念でもあり、切なすぎる第7話でした。

稲森いずみさん演じる菅能も、いたたまれない気持ちだったと思います。

 

絵里子が菅能に本当の自分のことを話すところがみてみたかったです。

叶うことはないのが、切ないです。

 

そして、偽りなく現実と向き合う絵里子をみたかった!

現実を受け止めることは時に難しく、ちょっぴり見栄を張って充実している姿を見せたい気持ちも全く理解できなくもありません。

特に最近はSNSでリア充っていうのでしょうか、充実している誰かの姿を見る機会も増えていますからね。

自分は自分なのに、つい誰かと比べてしまったり…。

菅能と絵里子の大人の友情が素敵でしたね。

 

稲森いずみさんとりょうさん、昔から結構好きな女優さんです。

素敵すぎる2ショットでした!

 

稲森いずみさん。

独身のキャリアウーマン設定、ハマりすぎですよね。

ドラマで色々な役をみていますが、菅能役はハマリ役だと思います、かなり好きです!

 

りょうさん。

りょうさんのようなクールな顔立ちにはやっぱり濃いメークが似合う!

いくつになっても個性的で素敵!

 

稲森いずみさんもりょうさんも、年を重ねてよりカッコよくより美しいと感じます、憧れてしまいます。

 

おしまいに

 

実力派の演技が魅力の安心してみることができるドラマ「刑事ゆがみ」。

基本的に1話完結で、回を増すごとに面白くなる貴重なドラマだと思います。

 

第7話は、稲森いずみさん×りょうさんが素敵すぎて、同性ながら画面に見入ってしまいました。

出来る女性の姿は年齢関係なく憧れます。

大人の女性の友情も素敵でした。

ドラマ/TVカテゴリの最新記事