まるでカメレオン!?タクシー代の勘定科目。

まるでカメレオン!?タクシー代の勘定科目。

タクシー代の領収書が机に置かれていました。

旅費交通費で大丈夫よね…と、ちょっと待ってください!

タクシーがどのような目的で利用されたのか、確認が必要です。

(経理事務員の本音)「領収書をただ机に置くだけでなく、メモか一言くださ~い!」

タクシー代の勘定科目は、利用目的によって違ってきます。

まるでカメレオンのよう!

例を挙げてみていきましょう。

①旅費交通費

(例-1)

営業の為に得意先へ向かう際に、タクシーを利用して現金で2,000円支払った。

(旅費交通費)2,000 / (現金)2,000

 

一般的な交通費としてのタクシー代です。

迷うことは何もありませんね。

 

もう一つ例をみてみましょう。

 

(例-2)

取引先の接待をうける会場へ向かう為、タクシーを利用して現金で2,000円支払った。

(旅費交通費)2,000 / (現金)2,000

 

取引先などから接待をうける(うけた)為の移動の場合は、旅費交通費です。

②交際費

(例)

取引先を接待し、帰宅する際に、タクシーを利用して現金で2,000円支払った。

(交際費)2,000 / (現金)2,000

 

接待を目的とする「接待に付随する費用」となりますので、この場合のタクシー代は交際費になります。

取引先などを接待する場合は、交際費です。

③福利厚生費

(例)

従業員全員を対象とした忘年会に参加し、帰宅する際に、タクシーを利用して現金で2,000円支払った。

(福利厚生費)2,000 / (現金)2,000

 

全従業員を対象としている点が福利厚生費のポイントです。

忘年会と同様の場合、タクシー代も福利厚生費です。

おしまいに

タクシーの利用目的により、勘定科目の処理方法が違ってきます。

カメレオンですね!

接待される側は「旅費交通費」。

接待する側は「交際費」。

取引の性質を考えて、タクシー代の処理をするように心掛けたいですね。