笑顔は人の心を和やかにしてくれる。笑顔で嬉しいが伝わる。

笑顔は人の心を和やかにしてくれる。笑顔で嬉しいが伝わる。

気づけば無表情で、むしろ年齢も加わって怖い顔になっていることはありませんか?

ちょっとした表情で印象はぐっと変わってきます。

笑顔で入れてくれた女性ドライバー

朝、車で通勤していた時の話です。

嬉しいことがありました。

車線変更と合流が苦手なヘボドライバーな私(一応優良ドライバーなんですが…笑)。

通勤の際、どうしても合流地点があるんですね。

朝は混むので、車の流れも緩やかになります。

中には「入れさせないぞ!」オーラを出しまくりの車もいるんですね。

直進の流れに左折の車が交互に入れさせてもらっている流れの中、私の順番がやってきました。

直進の車は黒のコワモテ系の人が乗っていそうな高級車!

「入れてもらうのは難しいかな、次かな~」なんて思っていたところ、ドライバーと目が合ったのです。

運転席に乗っていたドライバーは意外にも女性、そして、ニッコリ笑顔でどうぞという手ぶりをしてくれたのです。

慌てて頭を下げ、スムーズに入れてもらうことができ無事に合流が出来ました。

女性ドライバーの笑顔がとても印象に残ったのです。

人は車で判断してはいけませんね。

勝手な先入観で判断した自分を反省した瞬間でした。

どうぞと頭を下げたり、アイコンタクトはよくあります。

そこに笑顔が加わるだけで、グッと印象が違うのです。

いつも自然な笑顔のお母さん

息子のお友達のお母さんにも、いつも笑顔の方がいます。

頑張ってつくっている笑顔でなく、本当に自然な笑顔。

素敵だな~と思うのです。

そういう笑顔のお母さんとお話ししていると、自然とこちらも笑顔になっていたりします。

おしまいに

「おはよう」「こんにちは」そんな何気ない日常の挨拶も、無表情と笑顔では違う印象になりますね。

常に笑顔である必要はないと思います。

誰かと接するとき、無表情を笑顔に変えるだけでグッと印象は変わってきます。

相手が笑顔だとこちらもなんとなく笑顔になりませんか?

誰かに話しかけたとき、ムスッとされていると、何か悪いことを言ったかな、興味がないのかな、と拒まれているように感じます。

逆ににこやかな笑顔で接してくれると、関心をもってくれているのかな、心を開いてくれているのかなと感じます。

笑顔を忘れている方、誤解されてしまい自分の意に反して損をしていることもあるかもしれません。

自分の笑顔で誰かが少しでも気持ちが良いと感じてくれたら、嬉しいですよね。

1日のうち、笑顔でいる時間が少しでも増えるよう少しだけ意識を変えてみましょう。