正社員で働くこと、パートで働くこと。

正社員で働くこと、パートで働くこと。

お子さんがいて、ご主人の扶養範囲内でお仕事を希望されている方も多いと思います。

私もそんな一人であり、現在パートとして働いています。

 

いずれは正社員で働きたいけれど、”いずれ”っていつだろうとか、フルタイム勤務になると、お買い物や夕食の準備って間に合うのかなとか、考えると不安要素も多くあったりします。

家庭の事を考えるとパート、収入面を考えると正社員が良いなと。

しかしながら、パートで働いている現在、収入面では正社員との違いが結構大きいな~と感じてしまいます。

 

特に、給与計算担当で、給与計算なんてしていると本当に悲しくなったりするんですよね。

パートであっても、月給や日給というケースもありますが、多くの場合、時給で計算されることが多いと思います。

 

現在、小さな会社で短時間パートとして働いている私ですが、短大卒業後、計12年正社員として働いていました。

結婚前まで10年間勤務した会社では、総務部に所属し、メインの仕事としては経理の売掛を担当し、給与計算や年末調整もしていました。

結婚後~出産前まで2年間勤務した会社は、経理関係も労務関係も全て一人で行う一人事務でした。

いずれも月給。

祝祭日が多い月も、少ない月も、収入の変化に問題ありません。

大型連休があっても、お休み多くて嬉しいな!で済むわけです。

 

でも、現在のパート(つまり時給ですね)であると、そうはいきません。

連休が多かったりすると、お休みが多くてうれしいな、でも…収入減るな~となってしまうわけですね。

月給を経験し、時給で勤務されている方は、同じ思いの方も多いのではないでしょうか。

正社員で働くこと、パートで働くこと、そのあたりの違いは大きいと思います。