限られた予算での納得のラグの選び。サイズより〇〇がおすすめ!

限られた予算での納得のラグの選び。サイズより〇〇がおすすめ!

サイズや素材が豊富なラグ。

ラグでお部屋の印象もすっかり変わりますよね。

 

皆がよく集まるリビング用のラグなら、耐久性に優れた使用感が良いラグを選びたいところ。

テーブルやソファーもサイズがまちまちなので、ラグのサイズ選びは本当に難しいですよね。

 

限られた予算でラグを選ぶ時は、質感重視でサイズを下げてみることも一案です。

 

 

大きいラグ

 

フカフカな大きいラグ、素敵ですよね。

ソファより床でゴロゴロしたい人には、素材が良いものは絶対ですよね。

 

ちなみに、

1畳未満ならマット、

1畳以上3畳ならラグ、

カーペットは敷物の総称を指す、のだそうです。

 

大きなラグ(カーペット?)なら、ソファーに座らず、ラグの上でも充分快適に過ごせそう。

ですが、良いな~と思うラグって結構お値段が張ることが多いんですよね。

予算が限られている場合、あなたはどうしますか?

 

う~ん、ここは価格重視で薄いラグにしようかな~なんて悩んでいるあなた、ちょっと待ってください!

 

ラグのサイズを下げてみる

 

予算が限られているなら、気に入った素材はそのまま、ラグのサイズを下げてみるのはどうでしょう?

ラグのサイズを小さくするということですね。

 

大きいサイズのラグにこだわっているわけではない人。

ソファーに座ることがメインで、ラグに座る機会がそう多くはない人。

利用するであろう人数が少なめの人。

 

であれば、ラグのサイズを下げるということ一つ案に入れてみて欲しいのです。

足元をカバーできるようなコンパクトなラグにするんですね。

 

イメージとしては次のような感じです。

 

 

こんな感じとか、

 

 

あくまでイメージですが、このような感じですね。

 

たまたまイメージすべてがグレーですが、我が家のラグはグリーンです(無駄な情報でした…笑)。

 

いかがでしょう?

 

大きなラグと小さなラグでは、お部屋の雰囲気もまた変わってきますね。

薄いペラッペラのラグを選ぶより、厚みがあって素材の良いフッカフカのラグを選ぶほうが、快適間違いなしです。

 

実は私も、ソファーの買い替えに合わせてラグを新しく買ったんですね。

いくつかラグを見て回りましたが、やはり厚みがあってフカフカのラグは素敵な分だけお値段が張ります(涙)。

そこで、フカフカで気に入った素材で小さいラグにしたんです。

ソファーに普通に腰掛ける時も足元はフッカフカ、ラグの上に座る時もフッカフカ!

 

これから寒くなっていきますよね。

ラグの質感重視にして良かった!と思えるのは、特にこれからの時期になります。

サイズを下げてでもフカフカなラグは快適です。

実際に、価格重視でペラペラのラグにしなくて本当に良かったと思うのです。

 

ホットカーペットや床暖房使用予定の場合は、対応非対応も必ず確認するようにしてください。

 

おしまいに

 

お部屋の印象に大きな影響を与える大切なラグ選び。

厚みがあって素材の良いフカフカなラグを使うと快適です。

気に入った素材のラグが見つかったのに予算オーバーしてしまうという時には、条件が合えば、ラグの質感重視でサイズを下げてみることも検討してみてください。