六曜とは?意味や読み方を再確認!結婚式は大安が良い?

六曜とは?意味や読み方を再確認!結婚式は大安が良い?

”結婚式は大安が良い”誰もが一度は耳したことがあるでしょう。

カレンダーや手帳に記載されていることも多い「六曜」。

 

冠婚葬祭に結びついて使用される場合が多く、結婚式やお祝い、葬儀などの際に気にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

秘書業務を兼ねた事務をされている方もいらっしゃると思います。

ビジネスマナーの基本知識としても再確認できるよう、六曜の意味をまとめてみました。

 

先勝

 

せんしょう・さきかち と読みます。

午前中は吉、午後は凶。

 

文字の通り「先んずれば勝つ」の意味です。

物事を進めるならば早めが良いとされています。

午後にかかっても、午前中から始めていれば良いとされています。

 

友引

 

ともびき と読みます。

正午は凶、午前・夕方・夜は吉。

 

「災いが友に及ぶ」「友を冥土に引き寄せる」とされ、葬儀等の忌事は避けたほうが良いとされています。

何事も引き分けで勝負がつかない日ともされています。

 

先負

 

せんぷ・さきまけ と読みます。

午前は凶、午後は吉。

 

「先んずれば負ける」の意味です。

先勝の反対ですね。

勝負事や何かを決めるのは避けるのが良く、平静で過ごすのが良いとされています。

 

仏滅

 

ぶつめつ と読みます。

六曜の中で最も凶の日とされており、何をするのも良くない日とされています。

 

「仏も滅するような大凶日」の意味です。

特に結婚式などの祝儀には避けられることが多いです。

 

大安

 

たいあん と読みます。

六曜の中で最も吉の日とされており、何をしてもうまくいく日とされています。

 

「大いに安し」の意味です。

特に結婚式などの祝儀には良い日です。

 

赤口

 

しゃっこう・せきぐち と読みます。

正午のみ吉、それ以外は凶。

 

「万事に用いない悪い日」という意味です。

火や血を連想させる赤という字から、注意が必要な日とされています。

大工さんや板前さんのような刃物を使う人は特に注意が必要な日だとされていたようです。

 

おしまいに

 

なんとなくは知っているけれど…というあなたも、改めて六曜の意味を頭の片隅に入れておくと役立つことも多いはず。

 

最近では六曜を気にしないという人も増えている傾向にあるようです。

考え方は人それぞれありますが、六曜の意味を大切にする人も多いことも確かです。

 

関わる人が納得のいくように日を選ぶことが大切ですね。

 

事務の仕事カテゴリの最新記事