年賀はがきの料金は?私製はがきの場合は?2018年は確認して損はない!

年賀はがきの料金は?私製はがきの場合は?2018年は確認して損はない!

2017年6月1日より通常はがきの料金は62円に変更されています。

2018年の年賀はがきも62円と思っていませんか?

違います!

2018年の年賀はがきについては52円です。

但し、期間が決まっていますのでおさらいしておきましょう。

 

2018年の年賀はがきについて

 

2018年の年賀はがきを52円で出すことができる期間は、

 

2017年12月15日~2018年1月7日 です。

 

期間外に年賀はがきを使用する場合の料金は62円になります。

 

つまり、2017年12月14日以前、2018年1月8日以降に年賀はがきを出す場合の料金は62円になります。

手元に52円の年賀はがきをお持ちの場合は不足分の10円切手を貼って出すことになります。

早すぎても遅すぎてもダメ、期間内に出せは大丈夫ということですね。

 

年賀はがきは12月15日~翌1月7日に出す人が多いと思います。

ですが、1日早く12月14日に出してしまった!なんていうことがないように気を付けましょう。

 

私製の年賀はがきはダメ?

 

私製の年賀はがきはどうかと心配されている方、安心してください。

私製はがきの場合でも、条件を満たせば、日本郵便の年賀はがきと同様の取り扱いになります。

 

その条件とは、

 

はがき表面の見やすい位置にはっきりと「年賀」の文字を朱記してあること です。

 

つまり「年賀」の文字が朱記してある私製はがきであれば、2017年12月15日~2018年1月7日の間に出せば52円でOKです。

 

おしまいに

 

2018年の年賀はがきを52円で出すことができる期間は、2017年12月15日~2018年1月7日です。

私製はがきについては、「年賀」の文字が朱記してあれば同様の条件でOKです。

 

さて、こちらの記事でも触れましたが、2018年の年賀はがきはスヌーピーが登場しています。

 

実際に、郵便局でサンプルをみせてもらいましたが、可愛いです!

プライベートの年賀はがきはスヌーピーに決まりです。

事務の仕事カテゴリの最新記事