ネガティブ思考の改善!今すぐできる考え方と行動力の見直し。

ネガティブ思考の改善!今すぐできる考え方と行動力の見直し。

何か壁にぶつかっても前向きな姿勢の人はパワーを感じます。

 

ネガティブ思考を改善したいと思っている人は多いのではないでしょうか。

「自分なんて…」「何をやってもツイてない…」と思うのはもうやめにしませんか?

性格のせいにするのもやめましょう。

 

持ってうまれた性質は変わりませんが、性格は変えることができるものです。

ちょっとした考え方と行動力の見直しをして、ネガティブ思考を少しずつ卒業してみませんか?

 

実は身近にある良いことに気付くことが大切

 

今日一日の良かったことを考える時間を作ります。

可能ならば、書き出してみることをおすすめします。

日ごろ使っている手帳に書いたり、ノートに書いても良いです。

 

「いいこと日記」という日記もあります。


書きこみ式いいこと日記 2018年版 [ 中山庸子 ]

 

いたって普通の一日だと思っていた一日。

でも、ちょっとだけ考え方を変えてみるのです。

「美味しいお菓子を食べた!」、「良い買い物ができた!」、「仕事がスムーズに進んだ!」など、そんなほんのちょっとしたことで構いません。

もしかして普通のことかもしれないけれど、考えてみると良いことだということを思い出してみます。

 

”普通のこと”から”良いこと”に少しずつ考え方をシフトしていくと、普通だと思っていたこと(むしろ何とも感じていなかったこと)が、実は良いことであり、身の回りには結構そんな良いことあるのだということに気付かされます。

最初は、そんなことって思うかもしれません。

 

ですが、毎日ひとつでも良いのです、今日の良いことを見つけていくと、毎日こんなに良いことがあるんだと思うことができます。

 

目標をたて、目標を実行する行動力

 

目標というと、なんだか大きなもののように思えてしまいますね。

大きな目標ももちろん大切ですが、実行できる範囲のちょっとした目標を立てることが大切です。

 

するべきことを明確して、するべきことを実行していく。

ToDoリストといった方が、ニュアンス的に的確かもしれません。

するべきことを実行していくことで、新たなするべきことの実行が可能になります。

実行できる難しくないものが良いですね。

 

気になってはいるけれどなかなかカーテンを洗えないでいる場合は「カーテンを洗う」。

美容院へ行こう行こうと思いながらなかなか行けないでいる場合は「美容院へ行く」。

そういったしようと思っていることの実行を目的としています。

 

先延ばしにしない、少しずつ行動に移し実行していく。

思うばかりでは何も変わりません。

行動に移さなければ何も変わらないのです。

 

おしまいに

 

「自分なんて…」「何をやってもツイていない…」、もうそのような考えはやめてみませんか。

自分にとって当たり前のこと・普通のこと、考えてみれば実は良いこと・幸せなことが沢山あります。

病気になってみて、健康であることの大切さや幸せに気付かされることってありますね。

 

あれこれ不満ばかり募らせるのではなく、自分の身近なところにある幸せなことを認識することが大切です。

もちろん、時には誰かにグチを聞いてもらうことも大切なことです。

不満をため込んでしまうのは良くないことですから。

 

少しだけ考え方を変えること、少しだけ行動に移してみることで、自分自身が良い方向へきっと変わっていきます!

生活/考え方カテゴリの最新記事