人気作家・東野圭吾さん原作のドラマ・映画。奥が深いストーリーが好き。

人気作家・東野圭吾さん原作のドラマ・映画。奥が深いストーリーが好き。

人気作家と言えば、誰を思い浮かべますか?

その名前を知らない人はいないのではないでしょうか、人気作家の東野圭吾さん。

原作のその人気の高さから、多く映像化されています。

私も、東野圭吾さん原作と言われればチェックしたくなってしまうそんな一人です。

ドラマ・映画化された作品の中で、好きな作品をまとめてみました。

「白夜行」

山田孝之さんと綾瀬はるかさん主演のドラマ。

お互いがお互いを守るために罪を犯す亮司と雪穂。

決して交わることなく、日の当たることがない二人の、悲しく切ない人生が描かれています。

二人を見続ける武田鉄矢さん演じる笹垣。

真実と犯人を追うその姿は、「リバース」の元刑事・小笠原と重なります。

綾瀬はるかさん、天然な雰囲気より、雪穂のような陰のある役の方が美人度が増すような気がして、私は好きですね。

堀北真希さんと高良圭吾さん主演で、映画化もされています。


白夜行 (集英社文庫)

「手紙」

犯罪加害者の家族の苦悩を描いた映画です。

兄・玉山鉄二さんと、弟・山田孝之さんが本当に素晴らしいです。

弟思いの心優しい兄。

弟の大学進学のためのお金が欲しいために、空き巣に入り、あやまって殺人という罪を犯してしまいます。

兄は、毎月、刑務所から弟へ手紙を送り続けます。

犯罪加害者の家族であるという現実は、弟の人生を大きく変えてしまいます。

差別を受けたり、多くのものを失ってしまう弟。

ラストシーンは涙が溢れてしまいました。

家族愛(兄弟愛)、そして、犯罪を犯してしまうということが家族にどういう影響を及ぼすのか、そういったメッセージが含まれていると感じました。


手紙 (文春文庫)

「容疑者Xの献身」

ドラマ「ガリレオ」シリーズの映画です。

福山雅治さん演じる天才物理学者・湯川 通称”ガリレオ”が活躍します。

堤真一さんが演じるのは天才数学者。

愛する女性と娘を献身的に守るために、その頭脳を駆使し完全犯罪を計画します。

こちらも、事件の背景にあるのは、悲しい真実でした。

私の好きな松雪泰子さん。

個人的には、そのルックスからプライドの高い役が好きなのですが、こういった地味な役も上手ですね。


容疑者Xの献身 (文春文庫)

おしまいに

印象深い3作品をあげてみましたが。

どの作品も、奥が深く、切ないものばかりです。

東野圭吾さんの作品は、ミステリー要素を含むものが多く人気ですが、救いがないような何とも言えない切ない内容の作品も素晴らしいと思います。

映像化されてがっかりしてしまうような作品も比較的少ないように感じます。

 

ドラマ/TVカテゴリの最新記事