インフルエンザが流行する前にできる予防と対策。

インフルエンザが流行する前にできる予防と対策。

冬に発熱したらインフルエンザでは?と不安になりますね。

インフルエンザウィルスは感染力が非常に高いです。

本格的に流行する前に、早めの対策をしておきたいところです。

 

私も一度だけ、インフルエンザを経験しました。

 

インフルエンザウィルスに負けないよう、予防と対策についてお話ししていきます。

 

 

予防接種はいつまでに済ませたら良い?

 

インフルエンザの対策といえば予防接種。

予防接種を受けることによって、インフルエンザにかかりにくくなる、インフルエンザに感染しても症状が軽く済むという効果があります。

効果が発揮されるまでに、2週間程度かかるといわれています。

 

じわじわとインフルエンザが流行ってくる11月。

一般的にインフルエンザが流行るのが12月~2月。

予防接種は12月上旬までに済ませるのが望ましいといえそうです。

 

13歳未満の子どもは一般的に3~4週間空けて2回接種が必要です。

遅くとも11月中には1回目の接種を済ませたいところです。

 

予防接種以外の対策は?

 

帰宅後のうがいと手洗い、皆さんはしていますか?

基本的なことなのですが、うがいと手洗いは大切です。

 

インフルエンザに限らず、風邪やその他のウィルス対策としてもとても有効なのです。

インフルエンザ流行の時期にかかわらず、うがいと手洗いは習慣にしておきたいですね。

 

また、人ごみの中へ出かける場合は、マスクを着用することも有効です。

逆に、インフルエンザの疑いがある場合、出来るだけ早めに病院へ行きましょう。

 

他の人への感染を防ぐ配慮も忘れずに。

 

おしまいに

 

感染力が非常に強いインフルエンザ。

高齢者や乳幼児、心臓や呼吸器などに病気のある方は、インフルエンザにかかると重症化しやすいようです。

また、学校や会社などもインフルエンザの感染に気を付けたい場所となります。

基本的なことですが、予防接種を受けること、うがいや手洗いの習慣が大切です。

健康/美容カテゴリの最新記事