パンチ式ファイルはオフィスの定番。書類の抜き差しにはリングファイルがおすすめ。

パンチ式ファイルはオフィスの定番。書類の抜き差しにはリングファイルがおすすめ。

ファイルと一言で言っても、たくさんの種類があります。

穴をあけて閉じるパンチ式ファイル、穴を開けないで閉じるプレス式ファイル、クリヤーファイル等があります。

用途によってファイルは使いわけます。

ファイルにも適材適所があるという訳ですね。

オフィスの定番・パンチ式ファイル

オフィスの定番と言えば、パンチで2穴あけて綴るタイプのパンチ式ファイルでしょう。

丈夫で大量保管に最適なパイプ式ファイル、少量の保管に手軽で安価なフラットファイルなどがあります。

いずれも保管には良いのですが、書類の抜き差しがある場合にはやや不向きです。

そんな時に最適なファイルがリングファイルです。

リングファイルについて

インデックスごとに書類が増えていくファイル、一時的保管するファイルなど、書類を抜き差しする可能性のある書類を保管するファイルにはリングファイルがおすすめです。

リングファイルにも、とじ具の部分がOになっているOリングファイルと、とじ具の部分がDになっているDリングファイルがあります。

Dリングファイルは、とじ具の部分がD型になっていることにより、書類をまっすぐに揃えて保管することができます。

更に、紙押さえがついていれば、少ない書類でもパラパラすることなく、しっかり書類をまとめてくれます。

リングファイルのデメリットは、頻繁に使用していると、どうしても穴をあけている部分が傷んでしまうという点です。

この点については、穴の部分を補強するパンチラベルを併用すると多少カバーできます。

また、レバー一つで簡単にリング部を開閉することができるレバー式アーチファイルもあります。

このファイルの一番のメリットは、レバーで開閉することにより、リング部にあたる紙への衝撃が格段に減ることです。

開閉が多く紙の穴の痛みが気になる場合は、レバー式アーチファイルは大変おすすめのファイルです。


コクヨ Dリングファイル B5 300枚収容 青 フ-FD431NB


リヒトラブ D型リングファイル G2280-0 A4S 白


ロックアーチファイルA4S50 ホワイト 154-783

おしまいに

パンチ式ファイルの中でもリングファイルについて紹介しました。

ファイル選びの参考にしてみて下さいね。