40代からのバッグ選び。迷った時のおすすめ4つのポイント。

40代からのバッグ選び。迷った時のおすすめ4つのポイント。

いくつになっても、欲しいものリストに入ってしまうバッグ。

機能性に優れていながら見栄えの良いバッグが理想ですよね。

 

40代になると、バッグ選びはかなり大切になってきます。

10代、20代の若い世代向けのバッグを40代の私が持つとどうでしょう?

しっくりきませんよね。

 

40代からのバッグ選びの4つのポイントについてお話していきます。



本革であること

 

軽さが人気のナイロン素材は使用目的によってはアリだと思います。

ですが、40代でチープ感漂う合皮だけは避けたいところ。

「これ本革っぽくみえるでしょう?」なんて店員さんに説明されるようなレザー調の合皮も最近は多くあります。

雨の日には本革のバッグを使いたくないという人には、合皮のバッグを選ぶという選択肢もあります。

 

本革のバッグは使いこむほどに風合いが出てきます。

同じバッグであっても、使い込んでいくと人により味わいが違ってきます。

その人の使い方やクセなどで違った風合いになっていきます。

 

クタッとしたバッグで革の質感を楽しんだり、自立するタイプのようなカチッとした印象のバッグで革の高級感を楽しめるのも革の優れた点です。

 

ブランドにこだわりすぎない

 

好きなブランドがあるということは素敵なことだと思います。

ですが、ブランドにこだわりすぎないことをおすすめします。

 

なぜなら、「ブランドのバッグ=良いバッグ」とは限らないからです。

 

有名ブランドだけあって素晴らしいバッグはたくさん存在します。

ですが、中には「この素材・デザインでそのお値段?」と疑いたくなるバッグも実際にあります(個人的にですが)。

 

有名ブランドでなくても、素材や機能にこだわった良いバッグは実は沢山あります。

 

機能性があること

 

バッグ自体の大きさや形、ポケットの数や大きさ、ファスナーの位置は理想であるのかが大切です。

ポケットも内側だけでなく外側にもあると便利ですよね。

 

また、底鋲がつたバッグを選ぶこともおすすめ。

底鋲が付いていると、素材が床に直に触れることを防げます。

底鋲が付いたバッグはなんだか高級感がある様に思えませんか?

 

使用目的を考えること

 

仕事に使うバッグを選ぶのか、プライベートで使うバッグを選ぶのか、その使用目的をしっかり考えて選びます。

仕事に使うなら、A4が入るトートバッグは定番ですね。

 

プライベートで使うなら、荷物が多いのか少ないのか、どんな時に使うことが多いのか、そういったことを考慮して選びます。

 

贅沢ですが、オンオフどちらも使えるバッグは最強ですね。

 

おしまいに

 

40代からのバッグ選びのポイントを4つまとめてみました。

目的に合った素材や機能性をしっかり確認して、ブランドにこだわりすぎないことが大切です。

 

ながく使えるバッグを選ぶことも重要です。

定番だけれど流行に左右されないバッグを選ぶとながくバッグは使えます。

 

「これだ!」とピンとくるような、機能性と見栄えの良さを兼ね備えた素敵なバッグに出会えますように。

 

健康/美容カテゴリの最新記事