「事務の仕事って楽しい?」と聞かれたら…。直接的利益を生まない事務の役割とは?

「事務の仕事って楽しい?」と聞かれたら…。直接的利益を生まない事務の役割とは?

事務員のイメージとして「地味である」というワードはよくあげられるのではないでしょうか?

確かにその通りだと思います(笑)。

実際、「事務の仕事って楽しい?」と営業職の友人に聞かれたこともあります。

楽しいかどうかというと、決して楽しい仕事だとは言えないかもしれません。

仕事といえばずっと事務職を選んできた私。

他の職種にトライする気持ちもなかったですし、経験を生かすことができる仕事に就きたいと思うと事務職になるのです。

どんな仕事であっても、今までの経験、それは自分の武器になります。

若い時であれば、若さというのは十分な武器になるとも思っています。

私は若くありませんので、残念ながら若さという武器はもっていません…(涙)。

経験を生かして仕事をしたいと思うならば、それは今まで自分が働いたことによって得たものを生かす仕事になります。

事務の役割とは?

経理や労務・庶務の仕事というのは、直接的に利益を生まない仕事です。

ですが、会社を経営する上では必要不可欠な仕事であり、会社を支える重要な仕事であると言えます。

「縁の下の力持ち」などどいわれることもありますね。

総務と一言で言っても、会社の規模により内容も役割も本当に大きく違ってきます。

経理に関しては、外注へ丸投げという選択もありますが、つまり丸投げしてでもすべきこであるということですよね。

経理の仕事は、お金に関係していますので、取引先はもちろん、金融関係などからの信用問題にも関わってくることもあります。

事務は評価されにくい?

事務の仕事は、評価されにくい仕事でもあるというのも悲しい現実です。

ですが、同じ仕事であっても、やり方や考え方の違いで評価の対象に値する差はあるのです。

ですが、そういったことも、実際に同じ仕事をしている人でないと理解してもらえないこともあります。

これは事務に限らずどのような職種でも言えることかもしれませんね。

直接的ではなくても「作成してくれた資料、わかりやすいと取引先に好評だったよ」などと、自分のした仕事がプラスに評価されると嬉しいものです。

電話応対一つにしても、電話に応対した人の印象が会社の印象にもなります。

郵便やメールなども、ほんの少しの事で印象も違ってきます。

実際に、取引先から受ける場合も、それによって「この会社(人)は印象が良い(悪い)」と思うこともあります。

おしまいに

一日24時間のうち1/3程度が仕事をする時間に充てられていることになります。

好きなことを仕事にして仕事が楽しいということは理想ですよね。

ですが、そういった人はほんの一握りではないでしょうか。

事務に限らず言えることですが、仕事をしていると、どうしても納得いかないこともあったり、もちろん楽しいことがないわけではありません。

必要とされない仕事は決してありません。

地味だと思われがちな事務の仕事ですが、重要な仕事であると思っています。

自分の仕事に誇りをもち、責任をもって仕事に向き合っていきたいです。