気付けば40代。昔感じていた「なぜ?」がわかったこともある。

気付けば40代。昔感じていた「なぜ?」がわかったこともある。

40代といえば、ずっと大人だと思っていました。

気付けば40代、自分が40代に突入してみてどうでしょう?

本当に、”気づけば40代”といった感覚です。

自分の中では中身は変わってないというか成長していないように感じます。

同じように感じている方も多いのではないでしょうか。

自身が想像していた40代と、なんだか違う。

これから先、50代、60代と歳を重ねてもこの感覚は同じなのでしょうか。

ですが、多少の変化は感じます。

40代の私が、昔感じていた「なぜ?」に回答していきます!

「なぜ、運動会のリレーでお父さんは転ぶの?」

私自身、身体を動かすことは元々嫌いではなく、好きな方です。

レスミルズにはまって、スポーツクラブにも熱心に通っていた時期もあった独身時代。

ヨガとお散歩を日課にして、体重の増加も適度だった妊娠中。

すっかり運動をしなくなってしまったのはその後ですね。

そして、40代に突入し、とにかく痩せなくなりました(元々スリムでもなかったのですが…笑)。

代謝の低下に加え運動不足…、食べるのが好きなのは変わらない。

こう書いてみると、痩せないのも当然ですね。

私自身はまだ経験があるわけではないのですが、運動会で転ぶお父さん、お母さん、いらっしゃいますよね。

あの姿も少し理解できるような気がしています。

頭の中での自分の運動能力と、現在の身体の運動能力が一致していない結果なんじゃないかと。

頭では、もっと動けると思っているのに、実際には体がついていかない。

だんだん子供に負けるという機会が増えていくんだろうと少し寂しく感じています。

「なぜ、カラオケの選曲が古いの?」

20代の頃、10年正社員として勤務していた会社では、年齢層は幅広く、当時の私は若いほうでした。

年代の違う人と行くカラオケで思っていたこと、それは「どうして昔の曲を歌うんだろう?」ということ。

40代に突入している今の私から、20代の私にその答えを教えてあげたい!

その答えは、簡単明瞭、今の歌を知らないからです(笑)。

歌いたい曲や知っている曲が、昔の曲しかないからです。

「なぜ、『昔は~』という話をよくするの?」

このブログでも、おそらく登場しているであろう「昔は~」というワード。

つい良かったころを懐かしんだりしてしまうのです、すみません。

「カンブリア宮殿」だったかな、過去の栄光ばかりをアピールする会社は伸びない、過去ではなく未来をみなくてはいけないという内容の発言をされた社長がいらっしゃいました。

なるほどと思い、その言葉が胸に響いたことを覚えています。

昔の良かったことを懐かしむのは悪いことだとは思いません。

ですが、昔のことばかりを思って生きるのではなく、”今”を生きる私たちは現実をしっかり受け止め、そして”今”をどう生きるか、どう楽しむか、更には、未来を見据えることも大切ですね。

「なぜ、露出度が低い洋服ばかり着るの?」

これはもう、露出できないのが自分でも実感できるからです。

例えば、ショートパンツやミニスカート。

自分で確実にわかるようになります、もう似合わないということが。

トップスについても、30代のうちはノースリーブをまだ抵抗なく着てました。

ですが、40代の今はもうノースリーブも人前では着れません。

ただ、見苦しくないケアができていたら、年齢に関係なく、自分が着たいものを着るというポリシーの方は素敵だなとも思います。

着れる洋服を着れる時に着ることって大切なんだなと感じます。

若いときに大人びた洋服にあこがれることってありますが、若いときは若いときにしか着れない洋服を着るほうが良いかなと、今の私は思います。

おしまいに

昔疑問に感じていたことが、少し気づけただけでも、成長したと言っても良いのでしょうか(笑)。

40代として、中身の成長に変化を感じる時が来たら、その時はまた新しく記事を書くことができたら良いなと思っています。

果たして、そんな日はやってきてくれるのでしょうか(笑)。